ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 音楽講師のご紹介

いい講師から習うから、続く、上達する!

松尾沙樹

港区芝浦の音楽教室、ミナトミュージックサロンのピアノ、バイオリン、フルート、サックス、クラリネット講師のご紹介です。まずはミナトの講師採用ポリシーをご覧ください。楽器別の講師プロフィールは本ページの一番下にございます。

豊かな音楽を、しっかりと教えてくれる先生

いい先生、は絶対条件

上手い先生に習うと、初心者も経験者も倍速で上達します

上手い先生に習うと、初心者も経験者も倍速で上達します


大人子供共通で、全てのレッスンに共通して大切な、絶対にはずせないことがあります。それは「いい先生に習うこと」これは他のページでも書いていますが、演奏力が高く、指導力が高く、そして優しく丁寧に教えてくれる先生です。

優しいというのは、甘いということではなく、最新の指導技術に基づいて理論的に分かりやすく教えるということです。

厳しい先生はいません!

厳しい先生=いい先生では決してありません。それはその人に演奏力があっても、指導力が欠如しているだけです。子供に対しては特に優しく丁寧に。大人に対しては、それらの要素に加え的確さが求められます。

初心者だから、子供だから上手い先生が必要なのです

Dollarphotoclub_84071268初心者だから、誰でもいい。子供だからまだじっと座っていられないし、ピアノがそこそこ弾ければいい。とお思いの方。何事も、はじめてが一番肝心なのです。例えばお子さんは、3才くらいではまだじっと座っていられないことも多いのです。それを、お子さんが通常どのように行動するかを、実力のある先生は熟知しています。


繰り返し述べたい、先生のクオリティの重要性

こうすれば、こう動く、こう学んでいくという行動予測をしっかりとベテランの先生は、大人に対しても子供に対してもしっかりと予測が出来ます。特に小さいお子様に能力の無い先生に習わせると、先生もどう対処していいかわからず「まだこの年だと早いかもしれませんね」等といって音楽から離され一生の悔やみになります。

もし先生がこういったら、間違いなく先生の能力不足です。現代では0才から子供に音楽をしみこませる学習体系が確立されており、ミナトの講師もそれらを体現出来ます。ぜひ、お子様の、ご自身の輝かしい音楽生活のためにも、講師にはこだわっていただければ幸いです。

それでは、ミナトの講師の採用・教育体制について詳しくご説明いたします。

一切妥協しない、選抜基準

採用率20%以下

 
ミナトの面接は、5人に4人が平均的に落ちています。面接では口頭質疑、演奏能力試験、指導試験など様々な要素で選抜を行います。余談ですが超大手を含め演奏試験をピアノ教室で行わないところが非常に多いことには驚きを隠せません。

桐朋、芸大など日本トップの音大卒業者が多数

unnamed桐朋学園大学、東京藝術大学など日本でもトップの音大を卒業された方は、学歴至上ではありませんが、やはり傾向として非常にレベルが高い、そしてミナトでも採用率は高く結果多く在籍してらっしゃいます。しかし、これらの大学でも基準にそぐわない人はきっぱりとお断りしています。

なお面接にいらっしゃる方は全員音大卒で、コンクールで賞を取っていたり他の教室で働いた経験をお持ちの方ばかりです。それで、5人に1人しか通らないというこの倍率です。特に他の音楽教室の先生方から「皆様素晴らしいプロフィールの先生ばかりですね」と驚かれることは多いです。しかしミナトはプロフィールだけではありません。

上手いだけでは不足。人柄、清潔さ、品性、服装など総合的に判断

ミナトは、音楽技術だけではなく人としての人柄、清潔さ、品性、服装など総合的に見て判断します。

例えばいくらお上手でも不潔でだらしない人はNG。音楽家は演奏さえ上手ければそれでいい、偉そうにしても時間に遅れても何をしてもいいという悪しき音楽業界の風習にはっきりNOを突きつけています。人柄も、見た目も、生徒さんにとっては音楽の一部で全てが等しく、大切なのです。

先生はミナトの宝

かけがえのない、大切な教室の宝

先生はミナトの宝。そして生徒とってもかけがえの無い存在です。ミナトもいつも密に先生方とコミュニケーションを取り合い、先生と良い関係を築くと共に、常に切磋琢磨してらっしゃいます。なお、先生方には大変申し訳ないですが、受付が気になったことは本当に細かく逐一注意しています。それをよくヒアリングして、毎日レッスンに励んでらっしゃいます。


日本最高の講師陣を目指して

講師のレベルは、東京藝術大学ご卒業の先生や、音大を首席でご卒業されてらっしゃる方も多く、全国的に見ても、大変高いレベルにあると思います。

このページの下部リンク先でご紹介する先生方は、そんなサバイバルをくぐりぬけた、本当に自慢の講師達なのです。東京藝大の先生でも、大学の教授でも、ミナトの面接で落ちている方がいることを付記しておきます。ミナトの先生達は、どこの音大等という概念を超えた、本当の実力者達です。

分かりやすくいうと、「ひと目あって、この人に習いたい!」そういう分かりやすいオーラと、それに伴う実力の持ち主とお考えいただいて結構です。

素晴らしい先生がミナトに集まってくださる理由

ha241

いい先生が集まる理由

なぜこんな素晴らしい先生方がありがたいことにミナトにいらっしゃっていただき、在籍して切磋琢磨してくださるのか。大手の教室に比べると、生徒さんからいただくミナトの価格はリーズナブル。それでも給与はかなりの高水準ではありますが、個人で教えれば1回で1万円~等もっといただいている先生方も多いのです。

それでもご助力いただける最大の理由は、生徒さんの数が圧倒的に多いので、ひとり単発で教えるよりも数名まとめた時間に教えることが出来るのでメリットがあること、またお教室が先生に対しても常にフェアで、教室だけではなく生徒さんを教えることで一緒に豊かになりたいという信念が一貫しているからであると思います。

桐朋学園大学 研究科 首席でご卒業の大矢先生

また、狭い世界ですので「この先生が働いているならば」と口コミで広がっていい先生がいい先生を、いい生徒がいい生徒を呼ぶ好循環が起きています。

生徒さんに対してだけでなく、先生に対しても様々な演奏の機会を設けたりサポートしたりと生徒さん同様に先生もとても大切にしています。また、態度が明らかに偉そうだったり、横柄そうな生徒を積極的に排除しているのも先生達が働きやすい特徴です。

せっかくこのページをご覧頂いてくださっているので、出来るだけ真摯に情報を伝えていきたいと考えています。ちょっと長いですが、お読み頂ければ幸いです。

常に高いクオリティのレッスンを受けられる理由

ミナト以外でも、もちろんたくさんいい先生方は音楽的な面だけに限ればいらっしゃるかもしれません。

ミナトより安くて、いい(ような気がした)先生に当たることもあるかもしれません。例えば東京藝大の先生がミナトよりもしかすると安く教えている人がいるかもしれません。

しかし、音楽レッスンというのは、「いかによいレッスンが継続的に受けられるか」これに尽きると思います。

それはたまたまその教室にいただけで、次のレッスン時にはいないかもしれません。いなくなる理由は、給与(月謝が安いと特に)、人間関係等が主な理由でしょう。このあたりをミナトは非常に重要視しており、高い報酬水準と、良好な人間関係を保てるよう最大限気を配っています。

つまり、生徒さんに喜んでもらうためには、まず先生に満足して頂こうという考えなのです。

また、教育の面でも、ミナトはクラシック音楽に特化した教室です。その為教室としてのカラーを整えることができ、挨拶・時間を守る・言葉遣いなど徹底的に管理し、当たり前のことを当たり前にしていただくことで、常に気持ちよく生徒さんがレッスンをお受けいただける環境づくりに励んでいます。

常にライバルと切磋琢磨しているか?高いモチベーションか?などから始まり、服装の本当に細かいところまでミナトはガイドラインがありそれを日々先生方は遵守しています。

日本中どこの音楽教室で習うよりも、上達する そんな教室を目指しており、事実そうなっているのではないかと思います。

クラシック音楽は、「道」です

レッスンを受ける前のお心構え

ミナトには今700名以上の方が在籍してレッスンをお受けになっておられます。ひとつの教室としては日本屈指の大きさを誇るお教室ですが、ここまで大きくなれたのは、本格派クラシック音楽教室としてのポリシーを大切にしてきたからです。

先生方にはしっかり指導するのはもちろんのこと、時間をきっちり守る、にこやかに教える、など多くのルールに従い厳しい監督を行っています。そして、生徒さんにも、先生に対するご挨拶、敬意をもって接すること、最低限、練習してくることをお願いしています。

例えば、華道や茶道、空手道などを想像して頂きたいのです。お教室への「入門」という制度があり、先生の言うことは絶対。しっかり鍛錬して学ばせて頂く、という「道」、これが本来あるべきクラシック音楽教室であると考えており、ミナトはまさにそのポリシーを体現している教室です。

先生に対する敬意・礼儀、ある程度の練習量、というのはどのお稽古事でも共通して必要なものです。お金払ってるんだからちゃんと教えて当然、練習しなくてもうまくさせてほしい、こういう考えの方がもしいらしたら、先生に教えていただいた、「お礼として」お月謝をお支払いしているのであり、きちんと練習しないと決して上手くならない、そういうものだ、と考えを変えていただきたいと思います。

1日5分でもOK!

社会人の方であればお忙しいでしょうし、1日5分でも10分でもいいのです。前に進んで練習しよう、というお気持ちさえあれば、ミナトの先生に習えば、どの教室よりも確実に上達していただける自信があります。生徒さんの発表会を見て、私どもが書いていることがいつも正しかったということを実感しています。

小さい発表会、petit concertの様子

単なるオケイコより1ランク上の位置づけととらえていただき、やるぞーー!!という意欲と「入門」という概念を持って、少しだけ気を引き締めてきてくださると、よりレッスンの効果が上がるのではないかと考えております。練習用の楽器や場所は全て完備しておりますのでご安心ください。

大人であれ子供であれ、やるからには、しっかり上達したい! そういう方を私達は歓迎します。

それでは、前置きが長くなりましたが、それぞれの先生のプロフィールをご覧ください。なおこの先生で受けたい、という指名も承っております体験レッスン時にお申し出くださいませ。

最後に一言だけ・・・

前文とかぶりますが、もう一度だけ言わせてください。

あなた様(お子様)にとって、今ご紹介できる中で、最初から、最高最良と思われる先生を考え抜いて、ご紹介します。

プロフィールは音楽の技術藝術性はともかく、そのお人柄と無関係です。多面的に知っているスタッフにお任せください。もしひとり目ミナトのおすすめで受講して、2人目となると1人目より何かしら劣ります。ひとり目でご満足いただけない場合、2人目を待たず他の教室にいかれたほうがいいと思います。

余談ですが、記憶する限り、他の教室の先生のほうがよかったので、というお声をいただいたことはここ数年一度もありません。

その位のこだわりと自信を持ってご紹介しておりますので、特にこだわりがなければ ぜひ!おまかせでいい先生をとお任せいただければと思います。

先生のプロフィールはこちら


ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付10-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン