2 page 口コミ 東京 港区の音楽教室 音楽教室ミナト

本格派クラシック音楽教室。東京都港区、田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。

口コミ

フルートあるある♪前髪♪


先日は、ミナトのクルージングパーティーでセレブな夜を過ごしたぱんだです(^ω^)

 

船の上で演奏を聴くなんて機会は滅多にないのでとても良い経験をさせて頂きました!

 

 

今回は、梅雨を前に今私が真剣に悩んでいる話です。

 

フルート吹きの皆さんは、どのようなヘアスタイルをしていますか? 特に『前髪』はどのような状態でしょうか??
今のヘアスタイルに悩みはありませんか??

 

 

こう書くと、フルートに関係のない悩みじゃなの?って思いますよね。
でも、フルートの音色よりも何よりも、今私が一番気になって仕方がないのが『前髪』の処理なのです(>_<)

 

でも、意外に同じ悩みを抱えている方、居るのではないでしょうか??

 

 

先日練習をしている時に、ふと目の前の鏡を見て驚きました!
『あれ、鬼太郎。。。?』

 

フルートって吹く時に意外に首を右に傾けるじゃないですか。
特に私は、長い前髪を右分け(右目の上あたりで分けて左側に流しています)に流していますので、吹こうと顔を傾けた途端に、ばさーっと前髪が左目を隠してしまうのです。

 

 

これがもう本当に鬱陶しくて仕方がなくて、練習中も前髪が気になって集中出来ないこともしばしばです。

 

ピンで留めれば問題解決!
とピンで対策を取ったりもしたのですが、一時間ピンで留められた前髪はしっかりとクセがついて顔にベタっと貼り付くので、今度は自宅に帰るときに邪魔で邪魔でイライラしてしまうのです。

 

 

これはもう根本的に、フルートを吹くために髪型を変えるしかないのかしら?と真剣に悩んでいるところなのです(*_*)

 

それでは一体どのようにしたら良いのでしょうか。
前髪を無くす?
左分けに変える?
思いきってパッツン前髪にする?(←アラフォーでこれはキツいかも!?)
ショートカットにしてしまう?
フルートの構え方を変えて、フルートを高く上げてしまう!?

 

そこで、ふと発表会での七海先生の演奏の動画を見てみました。すると!
左耳に髪を掛けて右側に髪を垂らしていますよね。
そして、先日のクルージングパーティーの時も同じでした(実はこんなところにも注目していたのです(^^;))))

 

 

他のフルーティストの方たちはどうなんだろう?と興味が沸き、ヤフーで画像検索をしてみましたがやはり前髪を伸ばしておでこをだしていたり、前髪を右側に流している人が比較的多いことがわかりました!!

 

 

と言うことは、ストレスなくレッスンや練習に臨むためには、髪型を変えた方がいいってことですよね!
ただでさえレッスンで進むペースが遅いのに、前髪なんかに気をとられている訳にはいきません!!

 

 

これから梅雨になると益々髪型の悩みも出てきますし、梅雨に突入する前に早急に考えなければ。。。

 

と、ここまで書いたところで、今日レッスンがありましたので、思いきって七海先生に直接聞いてみたところ、やはりフルートを吹くときに楽譜が見やすいように右側に髪を流しているとのことでした!!

 

いよいよ、本気で前髪の処理に取り組まなくてはと思います。同じ悩みを抱えている方が居ましたら、普段はどのように対応しているのかなと、ぜひ解決策を伺いたいです。

 

アドバイスを宜しくお願いしますm(__)m

 

 

Updated: 2016年5月4日 — 4:35 午前

フルートあるある♪レッスンバッグ♪

最近、季節の変わり目で古傷が痛むぱんだです(^ω^)

しみじみと年齢というものを感じている今日この頃です。

 

 

そんなことより、昨日の震災で九州地方、特に熊本方面が甚大な被害を受け、本当に心配でなりません。
うちはお義父さんが熊本の宇土の出身で、生家はかなり昔に無くなったのですが親戚があちらにまだ多数住んでいらっしゃるので、私達夫婦も気が気でなりません。

どうか被害が最小でありますように祈るばかりです。

 

 

こんな時に私の呑気なブログで申し訳ないのですが。。。

 

 

タイトルの“フルートあるある♪”とは、フルートのレッスン生ならきっと一度は感じたことがある!と私が勝手に決めつけている、ちょっとした疑問や悩みなどを書いていきたいと思います。

 

 

そこで、今回はレッスンバッグについて書いてみたいと思います。

 

フルートってケースにしまうとコンパクトなので、一見軽くて持ち運びが楽そうに見えますよね。

でも、実はじみ~に重いと感じることはありませんか?

 

 

持って歩いていると、時間が経つほどにずっしりと重さを感じてきて、何度『今日はレンタルにすればよかったな。。。』と思ったことか(^^;)
(こんなことを言ったらクラリネットやヴァイオリンの方に怒られちゃいますか!?)

 

皆さんは一体どんなタイプのバッグを使っているのでしょうか?今のレッスンバッグに満足していますか??

 

 

私は自宅から最寄り駅までは自転車に乗らなければいけないので、まず手に持つバッグ式は使えません。
まさか自転車のカゴにフルートを入れるなんてことは出来ないので仕方ないですね。

 

そこで、初めに斜め掛けタイプを買ってみました。皆さんはだいたいこのタイプが多いのでしょうか?街で見掛けるのも斜め掛けタイプが多いように感じます。

 

使い勝手など特に不自由は無かったのですが、毎回同じ側にばかり重みがかかるせいで、片側の腰が痛みだし、腰をかばったせいか次は反対側の膝を痛めました。

 

こまめに右、左、と掛け変えれば良かったんでしょうけど。。。書いていても何とも切なくなります。この辺りがアラフォーなのですね(>_<)

 

 

次にリュックを買ってみました。

 

フルート専用のものではなく、アパレルショップの隅っこに置いてあるような普段使いのものです。

 

フルート専用のものって、ネットで色々調べたんですが大体2万円くらいするんですよね。
だから、少しでも安く買いたかったので。。。

 

 

そうしたらなんと!!

 

使用2回目にしてショルダーが切れてしまいました!

どれだけ重いんだ、フルートっ!!

 

 

購入したお店で相談したら新しいものと交換して貰えました。出来るだけ丁寧に扱っているのでその後は大丈夫です。
リュックに変えてからは片方の体だけが痛くなると言うことも無くなり、なかなか良いなぁと思っているのですが。

 

それでもレッスン帰りにショッピングなどして長時間背負っているとやっぱり重くて。普段使いのものなのでショルダーが細いため、段々食い込む感じがするのです。。。あとは、やっぱりフルートがリュックの中で動きます。

 

やっぱり専用のものでないのダメなんでしょうか?

 

 

悩みに悩み、調べに調べ、結果『ロイ』のリュックを買おうかなぁと検討中です。

 

フルートとクラリネットケースが収納できるように設計されたもので、ケースが動かないようにリュックの中で固定できたり、楽譜専用のポケットがあるのでバッグのなかで楽譜の端が折れるということも無いそうです!!

 

ショルダーもしっかり幅があるので食い込まなさそうですし、色もカラフルなものからベーシックなものまでありなかなか使い勝手が良さそうです。

 

そして何よりのポイントは!完全防水で雨の日に背負っても中のフルートや楽譜は濡れることがないので安心なのです(^^)v

 

 

誰か使っている方がいたら見せて頂きたいなぁなんて思いますが。。。いらっしゃいますか?

 

早く理想のレッスンバッグに出会って、レッスン通いも快適なものにしたいです。

 

皆さんもどうか楽しいフルートライフを送ることができますように♪

Updated: 2016年4月15日 — 6:22 午後

初めが肝心!


やっと花粉症の症状が落ち着いて、ひと安心のぱんだです(^ω^)

花粉症は誰でも辛いものですが、特に管楽器は鼻が詰まると苦しくて大変ですよね。

 

今回は、フルートを吹き始めたばかりの頃に基礎をきちんと学んでおけば良かったなぁ、と痛感した話を書きたいと思います。

 

先日のブログでも少し触れたのですが、私は中学生の時にブラスバンド部でフルートを吹いていました。

でも、私がフルートを初めて吹いたのは小学生の時です。母が趣味で習っていたフルートを見よう見まねで遊びで吹いたのが最初です。

 

中学に上がりブラスバンド部に入った後は、何となく音が出て多少指使いも知っていたことで、先生や先輩に手取り足取り一からフルートを教えてもらったと言う記憶はありません。

 

ブラスバンド部ではとにかく“吹く”事に全力を注いでいました。決められた期限までに曲を吹けるようにならなければいけなかったので、ひたすら指を動かす練習に明け暮れました。

音色なんて言葉も知らずに、自分の音色を気にすることも無く、楽譜通りに音が出ていれば良かったのです。

 

コンクールを目指すような学校でもなかったので、とりあえず吹けてさえいれば厳しく言われることもありませんでした。

そんなこんなで私のブラスバンド部の3年間は終わったのですが。。。

 

 

あれから20年以上経った今、基礎的なことが出来ていない私は、レッスンでかなり四苦八苦しています。

 

フルートの持ち方、構え方、音の出し方、どれもこれも間違いだらけでした!
誰に習ったわけでもなく、ほとんどすべてが自己流で満足していたので当たり前と言ったら当たり前なのですが(>_<)

 

これが本当にやっかいで、レッスンで指摘をされて正そうとしても、今までの癖が勝手に体を動かしてしまい、意識をしてもなかなか直すことができないのです。

 

気を抜くと直ぐに、今までの自分が楽に吹けるやり方に戻ってしまっていたり、意識をすればするほど、ドツボにはまってしまってまた変な癖がついてしまったり。。。

 

やっぱりフルートを吹くことは勿論、物事って何でも順序が大事なんだなぁと、今になってつくづく思うのです。

 

全くフルートを触ったことも吹いたこともない、と言う方がレッスンを始めたら、恐らく頭部管から音を出す練習を初めて、唇の形から口の中の開け方から、一つずつ段階を踏んで覚えていくんでしょうね。

 

変な癖が付きそうになっても、先生が指摘をして下さって、直しながら次のステップに進むのだと思います。

 

そうやってゆっくりでも正しく進むことができたら、後になってあれもこれも直さなきゃ!って苦労がないんですよね。

 

私はミナトでフルートのレッスンと言うものを初めて受け、教則本と言うものを初めて目にして、何もかもが新鮮な気持ちでした!

 

でも、ブラスバンド部で吹いていた貯金があると思っていたので、正直初めはもうちょっとは楽に進めるのかな?と思っていましたけど(^^;)

 

今はかなり足踏みをしている状態ですが、あんまり焦らずに、基礎を一つ一つ見直しながらゆっくりでも前に進めればいいかなぁと思っています。

 

七海先生の金のフルートに見とれながら、いつかは私も!!と目標を持って今日も頑張ります♪

 

その前に貯金も頑張らなきゃ(*_*)

 

皆さんのフルートライフも楽しいものになりますように♪♪

Updated: 2016年4月11日 — 3:13 午前
©東京都港区の音楽教室 ピアノ、バイオリン、フルート、チェロ、サックス、クラリネット、トランペットレッスンを実施! ミナトミュージックサロン