本格派クラシック音楽教室。東京都港区、田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。

初心者サスケのピアノブログ

たたけば音がでる

ピアノの良いところ。
初心者でも、とりあえず叩けば、そして調律されていれば、きちんとした音階で音がでます。アリガタヤ、アリガタヤ。( ´ ▽ ` )ノ ビバ!

IMG_4928

ちなみに自分は以前、ウクレレを習ってたことがありますが…まずもって調弦がたいへんヽ(;▽;)ノ
最近はすごく便利な電子チューナーが出てるからそれほどでもないかもしれないけれど、それこそ押さえ方が甘かったりすると、ぼんや〜りとした音が出てしまう。弾いてて(e_e)気持ち悪い。
これじゃないの〜、この音じゃないの〜、という心の叫びと葛藤。

ちなみに自分の師匠はウクレレのことそのまま「ウクレレ」と呼びます。
…ここから先はマメ知識。興味ない人はスキップしてね^_−☆…
英語の先生には「サスケ、それはユークレレだよ」と発音指摘されましたが、師匠いわくハワイの言葉に近い発音を尊重するならば「Ukulele」は「ウクレレ」だそうなのだ。

ついでに「ら り る れ ろ」の発音は英語の「R」みたいに「ra ri ru re ro」とするのはダメ(`_´)ゞ「la li lu le lo」だ!というのがハワイ流(師匠流?)Otherwise I will kill you(笑)だそうな。

話がそれました。
ピアノの良いところ、まずは叩けば音が出る。右手しか弾けなくたっていいじゃな〜い(*^o^*)譜面通りに押さえればメロディになるぅ〜。
そんなわけで最初の課題曲「こいのぼり」も、叩けば音楽になる楽しさに、夜な夜な練習を繰り返したのでした(でも1曲完成するまでに3カ月かかりました)。

この楽しさは何かに似てる。そうだ、子どもが履くピコピコサンダル!音が鳴る楽しさについつい歩いてしまう。あの感じに似ている気がする(私見です。あくまで)。

IMG_4929

 

 

Updated: 2016年3月29日 — 12:30 AM

「こいのぼり」

本日はお日柄も良く〜、こほん。
では、一句詠みます。

「わざとでしょ?
わざとじゃないの?
わざとよね?」

さて。遡ること約一年前。
私が保育科で与えられた最初の課題曲は「こいのぼり」でした。
シンプルなメロディ、誰でも知ってる曲…なのに、なぜ?

何度やっても弾けず(T_T) イラッ💢と、することこの上ない。

ストレスじゃ、ストレスじゃ、がるるるる。

何度、さらっても弾いても指が動かない。がおー、ウオー、と叫びたくなる心を押さえて、ひたすら反復練習。IMG_4913基本体育会系の自分は、これは単純作業だと暗示をかけて繰り返す。繰り返す、繰り返す、繰り返す。まるで写経をする修行僧のように(−_−#)

しかも、そこは初心者。何事にもヒジョーに時間がかかります。

1「楽譜を見る」

2「音符を理解する」

3「鍵盤からその音符を探す」

4「鍵盤を押さえる」

5「音が出る」

以上の、プロセスに余裕で2〜3秒かかります。しかも、押さえ間違えたりすると、6「ビビる」というワンモア ステップが加わってしまふ。

思うに、大人の初心者が最初に乗り越えなければならないピアノ練習の壁は、この「イラッと💢」だと思われます。

そんで、必死で練習して学校でお披露目すると案の定ミスタッチの連続。
あうぅ(o_0)

「わざとでしょ? 」ち、違いますヽ(;▽;)ノ
「わざとじゃないの?」めっそうもないヽ(;▽;)ノ
「わざとよね?」 いえいえまさか!ヽ(;▽;)ノ
終いには「ウケ狙い?」とまで。

真面目に弾いてるんですよーヽ(;▽;)ノ
たった数段のこの曲が、完成する日はくるのか。明日はあるのか?!

途方に暮れる初心者サスケでありました_| ̄|○

Updated: 2016年3月27日 — 8:21 PM

ピアノ ブログ始めました。

kanbanminato闇夜に浮かぶ看板は…
新しい行きつけの居酒屋…

では、ありません(≧∇≦)

*************

実はちょうど一年前からピアノのレッスンを始めたんですょ(小声)。

だから、夜な夜なスタジオでこっそり練習しています。

で。そもそも、なぜピアノを始めたのかというと理由は簡単。
必要に迫られているからです(^◇^;)エヘへ。

現在、保育士資格取得を目指している自分。幼児教育と音楽は切り離せない関係であることは言うまでもありませんが、ピアノは初心者。なので、こりゃ困ったと藁にもすがる思いでピアノ教室の門を叩きました。

あれから1年…おかげさまで鍵盤奏法、リトミック、ソルフェージュの単位ともに「優」を頂き、2年生に進級することができます~。タラリラッタラ~♪( ´▽`)

ウン十年ぶりの学生生活(爆)。
保育士に最低限求められる音楽の知識はそれほど多くないとは言え、そこはあなた、初心者ですからね。当初はメチャクチャに高いハードルだと感じたものです。それに保育実習に行ってみたらば、やはり引き出しは多くなくちゃと感じたので、一生懸命がんばってます。いや、当社比というか…自分なりにですけど(。-_-。)
いやいや、そこそこかな?よりがんばっている人よりは、がんばってないかも。
そんな感じ。
飽きっぽいのでゆるゆると~三歩進んで二歩下がる感じ?

ピアノと言えば自分には大学生時代のトラウマがあって当時の先生のひと言がずーんと。「あなたは一生懸命練習してきているけれど単位はあげられませんよ」って。
そりゃないッスよ、先生ヽ(;▽;)ノ
必修科目なんだけど?卒業できないの?ケチィィィ!と、思ったけど。日本の大学は甘いので結局温情でなんとか卒業はさせてもらえました。あれから四半世紀(遠い目)。

最近、少しずつ弾ける曲が増えてきました。ピアノは単純に楽しいね。
音楽は楽しいな、と( ´ ▽ ` )ノ
そんな毎日です。

Updated: 2016年3月26日 — 11:10 PM
©東京都港区の音楽教室 ピアノ、バイオリン、フルート、チェロ、サックス、クラリネット、トランペットレッスンを実施! ミナトミュージックサロン