ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区ピアノ教室 > 子供のレッスン > 電子ピアノはいくらくらいのものを?

電子ピアノはいくらくらいのものを子供に買ってあげたほうがよいでしょうか

ha241ピアノを習うにあたって、やっぱりおうちにピアノがあったほうがいい気がします。電子ピアノはいくらくらいのものを買えばいいのでしょうか。

安いものでOK!

ピアノは場所をとるし、電子ピアノからはじめようと思われたあなた、正解です!

いきなり数十万円もの投資をする必要はありません。もちろんベストを言えばグランドピアノですが、せっかく毎月調律して30分400円程度でレンタルできて9台もピアノがおいてあるミナトピアノ練習室が近所にあるわけですから、自宅に持つ意味は所有欲を満たす以外ほとんど意味はありません。

さて、どんな電子ピアノを選んだらいいのでしょうか、とよくお問い合わせを受けます。まずお勧めしないのが、楽器店に出向いて電子ピアノを見ること。楽器店だと大体の場合高い電子ピアノしか置いておらず高いものを買わされます。

そして、電子ピアノは「電子機器」です。つまり10年も20年ももつようなものではなく、基本的にデリケートで壊れやすいものなのです。生ピアノであれば50年以上ももつものですが、なにせ子供のやることです。例えばジュースをこぼしたならば、30万円の電子ピアノでもそれでジ・エンドです。(本物のピアノですとなんとか修理できたりもします。)

おすすめとしては3~7万円位の電子ピアノをアマゾンなどで探されることです。これ位出すと、なかなかのものがあります。なかなかといっても本物のピアノが10点とすると、電子ピアノが3点位 のレベルの話ですが…それでも指の練習にはやはりあったほうがいいと思います。

一台、個人的に下記に愛用していたカシオの機種を下記にご紹介しておきます。毎日1時間弾いていたら2年ほど持ちました。前述のとおり精密機器ですので、そもそも電子ピアノに寿命を求めず、スマートフォンのようにちょこちょこ買い替える軽いお気持ちでご購入されたほうが良いような気が致します。




ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン