ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区ピアノ教室 > 子供のレッスン > 子供がやる気をなくしてしまったら?

子供がやる気をなくしてしまいました。どうしたらいいでしょうか。

ha241子供がピアノのやる気をなくしてしまいました。うちに帰っても全く練習せずごろごろしていて、お月謝がむだになっているような気がして、休会も検討しています。

大きな視点から、子供を見つめてあげてください。

子供ですから、やる気があるときもない時も、あります。もしやる気がない場合、どうしてやる気がないのか聞いてみてください。もしかすると、ピアノの教え方、または先生との相性がよくなかったのかもしれません。その場合、指導方法を改善したり、またはほかの先生をご紹介することにより改善します。

そして、安易に休会させないほうがいいです。音楽はほかのいわゆる「オケイコ」とは全く別であるということです。例えば、バレエやダンスを例に挙げると、たまに学校でそういったレッスンがあったとしても年に数えるくらいで、小中高と一貫して教えることはないでしょう。

ところが音楽は義務教育の中にも取り入れられており高校でも必ず入っている非常に大切なもので、「体育をさせるかどうか」という話ですのでこれは絶対に続けさせるべきなのです。

特に生の楽しいピアノの音を与えてあげる重要性は、教室で働いている立場から強く実感しています。数学よりも英語よりも、なによりも、本当に音楽は大切です。一生使える技術です。一生の宝になります。余談ですがミナトのグループ会社で英語学校も経営していますが、英語よりもよっぽど音楽のほうが大切です。英語は単なる手段ですから。

子供だからすぐに効果は出ないんです。やりたい、やりたくないとその時の気分でいう事は変わります。そこに親御さんがついていってしまうとなんにもなりません。親も、見守る、続けさせるという忍耐が必要なのです。

時間がかかるんです。ずっと与え続けるもの、それが子供にとっての最もよい音楽教育であると考えています。


ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン