ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区ピアノ教室 > 大人のピアノ > 大洋奮闘記-4

和音のみで弾いてみる!

一通り両手で通るようになってきました。一応なめらかに弾けているように思います。そこでペダルをつけてみることにしました。今までペダルをつけなかったのは、ペダルをつけるとなめらかに聞こえてしまうので、ペダルなしでなめらかに弾けるようになるまではつけない方がいいと思ったからです。ペダルをつけてみると、和音の響きがよく分かるようになりました。

何かうまく弾くコツはないかと思い、YouTubeで検索してみるとこの曲の練習の仕方を紹介している動画がいくつか見つかりました。その中に、各小節の頭の和音のみを弾くという練習方法があったので、実践してみました。そうすると、各調の名前までは分かりませんが、和音の進行がよく分かりました。この調性を元に音がちりばめられているので、やはり小節の始めのバスの音と一番高い音のみを強く弾いて、あとの音はそんなに頑張らずに弾くのがいいかなと思いました。

この曲はあまり歌う部分はないのですが、ときどき出てくる四分音符で書かれた音符は歌うようにしました。また、45小節目と46小節目は左手のバスの音が半音ずつ上がってきています。これはとても重要な音に感じました。なので、そこは右手よりは左手のバスの音が響くように弾きました。でも、低いバスの音を響かすのは難しく、力を入れてしまって左手の小指が痛くなりました。


ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン