ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区ピアノ教室 > 大人のピアノ > ショパン エチュードop-25-7奮闘記2

ショパン エチュードOp.25-7奮闘記2

29小節目まで両手で合わせて弾いてみます。2小節目からのメロディーは右手の上の部分と左手だと思います。右手と左手で掛け合いになるように、両方がしっかりと歌えるように弾きたいです。それには、右手の八分音符で刻んでいる音を小さく弾く必要があります。でも、上のメロディーを際立たせようと思えば、八分音符まで大きな音になってしまい、細心の注意をしながら弾きます。それと同時に左手も歌うのは、練習を積まないと難しいかもしれません。

22小節目からは不協和音になるので、音を間違えないように楽譜とにらめっこです。左手の上昇音階を詰まらずに弾けるようになりたいです。片手で練習した時には弾けていても、両手で合わせると右手にも気をとられてしまい、左手はなかなかズムーズに弾けません。

27小節目の1泊目、左手は14連符ですが、右手は八分音符です。右手の二つ目の八分音符と左手のソ♯の音を合わせるのが、わざとらしい弾き方になってしまって難しいです。

一番の難所は、28小節目です。右手と左手がぴったり合う個所を意識しすぎてしまい、その度に止まってしまいます。左手を、手を見なくても止まらずに弾けるようになるまで、ひたすら練習します。左手は一つの大きな流れになっているので、波のように弾き切りたいです。28小節目はmolto riten.となっているので、左手を無理に速く弾かなくていいのだと思います。右手もしっかり響かせるように弾きます。


ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン