ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区ピアノ教室 > 大人のピアノ > ショパン エチュードop-25-7奮闘記1

ショパン エチュードOp.25-7奮闘記1

物悲しそうなこの曲を弾きたいと思って練習することにしました。まず左手のメロディーから始まるので、左手から練習です。技術的には難しくありませんが、静かな中で曲想を付けながら弾くため、アクセントや強弱記号をきっちり守るように弾きます。

23小節目から左手が速く動きます。臨時記号が多くて、特にダブルシャープの音を外してしまったり、同じ小節内で有効であることを忘れたりします。音が本当に合っているのか不安です。YouTubeで音源を聞いてみると、25小節目の音階が、自分が弾いているのと音が違っているのが分かり、譜読みのやり直しをします。指遣いを工夫して弾きやすくしようかと思い、4の指から始まる25小節目の音階を5の指から始めてみましたが、やはり楽譜通りの指遣いが弾きやすいです。
この23小節目から28小節目の左手を速く正確に弾けるようになりたいです。ゆっくりから何度も練習しました。

とりあえず29小節目で切って、右手も29小節目まで練習してみます。右手は、上がメロディーで下が伴奏です。でも伴奏は2音あるし八分音符で刻むのでどうしても音が大きくなってしまいます。鍵盤から指を離さないようにして、上のメロディーを弾く指を少し立てて、目立たせるように練習です。でも、ピアニッシモなのであまり大きくは弾けずに、下の八分音符とのバランスがとても

難しいです。それ以外は、29小節目まで音を間違えないように気をつけるだけです。23小節目から不協和音のようになってくるので、臨時記号を見落とさないようにゆっくりと確認しながら弾きます。


ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン