1つの小節を片手ずつ

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区ピアノ教室 > ピアノ練習法 > 1つの小節を片手ずつ、次は前後を

1つの小節を片手ずつ、次は前後を

content部分練習のご紹介。繰り返しがピアノの基本。苦手な小節を見つけて、左手右手片手ずつ弾き、最後に両手を合わせてみて、その苦手な小節の前後も一緒に練習することで滑らかになります。


繰り返しが一番

自分とってどうしても苦手な部分ってありますよね。リズムをとるのが難しかったり、苦手な指を使うことが多い部分だったり‥
でも、そこをクリアしないと曲全体が仕上がらないのが、ピアノのつらいところ。

そこを省くわけには行きません。そんなとき大切なのが、部分練習です。色々と練習法はありますが、ピアノの練習は訓練ですから、繰り返すことが一番の練習法です。

苦手な小節を片手ずつ

ピアノの基本になりますが、苦手な小節だけを何度も練習します。
まず、右手だけ練習。ゆっくりと‥そしてだんだん早くできるように練習します。
右手はメロディーを奏でていることが多いので、このときに頭にメロディーをしっかりと入れておきます。
次は左手です。

こちらもゆっくりと始めて、だんだん早くしていきます。初めは左手の音を確かめながら練習していきますが、だんだんできるようになってきたら、頭では右手のメロディーを奏でながら左手が演奏できるようにしていきます。

最後に両手を合わせましょう

左手がスムーズに演奏できるようになったら、両手を合わせます。合わせるときも、ゆっくりと始めて、だんだん早くするようにしていきます。苦手な小節ができるようになってきたら、その小節と前後いくつかの小節を合わせたフレーズを通して練習しましょう。

この記事は、一般のピアノ練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります!
港区近辺でピアノレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン