基礎力を上げる練習法。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区ピアノ教室 > ピアノ練習法 > 基礎力を上げる練習法とは

基礎力を上げる練習法とは

content基礎力を上げる練習法をご紹介します。ハノンからゆっくりはじめましょう。ピアノの曲でも細やかな練習を重ね、最後はメトロノームを使用してしっかりと仕上げていくことが上達の秘訣です。

ハノンをしっかり。ゆっくりからはじめる

基礎力を上げるピアノの練習法とは、やはりハノンをしっかり弾くことです。ハノンをゆっくり弾く事から始め、ゆっくり引いているうちに指の形やポジションなどを確かめるようにしましょう。その後リズム練習をしっかりし、最終的にallegroで弾くことで、指の周りが良くなり色々な曲に対応することができます。この方法がピアノの上達する練習法です。

細やかな練習を

先ほど挙げたハノンの練習と同じようにピアノの曲でも細やかな練習を重ねます。 まずゆっくりと譜面を読み、間違えないように自分の弾けるテンポよりもゆっくりと最後まで弾きます。それができたら、今度は少しだけテンポを上げて最後まで通して弾きます。このように少しずつテンポを上げていくことで、抵抗なくオリジナルの速度までもっていくことができます。

メトロノームと友達に

このようにゆっくりと練習することはとても大切なことで、メトロノームで合わせて弾く事は、ピアノを上達するのになくてはならないものです。このメトロノームを使用する練習ほうは時間はかかりますがとても丁寧な練習法なので、この練習をした後にはきっと効果が表れている事を感じれると思います。

足度の上げ方は、ゆっくりの時は、5ずつあげていき、オリジナルの速度に近づいたときは1つずつ丁寧にあげていきます。

この記事は、一般のピアノ練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります!
港区近辺でピアノレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン