良いヴァイオリンの選び方とは?

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > 良いヴァイオリンの選び方とは?

良いヴァイオリンの選び方とは?

Female violinist and male pianistヴァイオリン練習生の良いヴァイオリンの選び方に関する記事です。ヴァイオリン店の店員におすすめを聞く、大切にしたいものは『音色』など。

良いヴァイオリンの選び方について

さて、今回は良いヴァイオリンの選び方についてです。
ヴァイオリンの腕を上達させるためには練習法を工夫することも大事ですが、やはり自分にあった良いヴァイオリンを選ぶことも重要となってくることでしょう。

そのため、自分にあったヴァイオリンと練習法を組み合わせることによってより良い技術を身に付けることが出来るのです。

ヴァイオリン店の店員におすすめを聞く

皆さんは、ヴァイオリンや練習法をどのようにして見つけ出していますか?
多くの場合、ヴァイオリン店の店員におすすめを聞いたり、合わせてもらったりするのが一般的といえるでしょう。

ですが、店員に言われるがままに購入してしまって良いのか?
それは違います。確かに専門店の店員ならば知識は豊富に持っていることでしょう。
しかし、それだけで全てを任せて良いとは限らないのです。

時に練習法を自らの見つけ出さなければならないのと同じように、楽器そのものも自ら見つけ出すことが重要になってくる場合があるのです。

大切にしたいものは『音色』

ヴァイオリンの選び方というのは、特に決まったものはありません。ひきやすさや、重みといったものはありますが、私としてはそれだけで選ぶのではなく、”自分の好み”これで選ぶべきだと思っています。

ヴァイオリンには種類があり、本体の削りひとつでは様々な音を聴かせてくれます。音の反響、音色、心地…私が特に大切にしたいものは『音色』です。

高い音、低い音…様々な音があるなかで自分好みの音色を見つけ出し、それを買うことをお薦めします。

『ぴったりのサイズ、自分好みの音色』この二つが揃ったものを購入するのが良いでしょう。

どんなものでも、自分の興味をひくものなら長く、大切に扱えますよね。
ヴァイオリンも愛着を持てるものを選んだ方が楽しく日々の練習に集中できると思います。

愛着をもって練習に打ち込むことで、『感情表現も豊かな音で表せるようになる』という効果も期待できるでしょう。

是非、相性の良いヴァイオリンを見つけ出してみてください。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン