一日のバイオリン練習メニュー。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > 私の一日のバイオリン練習メニュー

私の一日のバイオリン練習メニュー

Female violinist and male pianistヴァイオリン練習生の一日のバイオリン練習メニューです。こちらの方は、最初にヴァイオリンのボーイングの基礎練習、音階基礎練習、最後に現在練習中の楽曲と自分が弾きやすい曲を数曲弾いてらっしゃいます。

最初にヴァイオリンのボーイングの基礎練習

調弦するときもボーイングの練習を心掛け、姿勢をよくし手首をしならせながら弓を返す練習法を取り入れています。調弦が終わった後も、弓の根元から真ん中まで動かす練習であったり、弓のアップの方から真ん中にかけて音を響かせたり様々です。ボーイングでもヴァイオリンの駒の近くで弾くような練習法を取り入れていたら、普段曲を弾いているときでも自然と綺麗な音が出ると思います。

次に音階の基礎練習を行う

ヴァイオリンのボーイングの練習が終わったら、体も慣れてきて綺麗な音が出やすいと思います。まずは単純な音階から始めてみるのもいいし、自分が弾きやすい音階を取り入れてみたらいいでしょう。始めは譜面通りにゆっくりと音階を弾いていきます。次に速度を上げて弾いていきちゃんと弾けるまで繰り返し練習します。それが終わったら、譜面にスラーをつけて滑らかに弾いてみたり、スタッカートをつけてアレンジをしてた練習法をすると効果的だと思われます。

最後に現在練習中の楽曲と自分が弾きやすい曲を数曲弾く

レッスンで指定された楽曲を弾くのは当然ですが、慣れていないし難しい場合があるので気分が乗らない場合があります。そういう時は自分が得意な曲であったり簡単な曲を選んで弾いてみるのが良いでしょう。自分に自信がつけば音も良くなりますし、楽しく弾いていると体が柔らかくなるからです。練習時間は全部で2時間程度を毎日やれば、ある程度弾けるようになると思います。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン