ボーイング練習法。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > 私のボーイング練習法

私のボーイング練習法

Female violinist and male pianistヴァイオリンのボーイングについての、ヴァイオリン練習生の生徒さんの練習法のご紹介です。チューナーの針をみて運弓、ダウンダウン・アップアップで途中で音を区切って練習、弓と弦の接点をよく見て、接点が動かないように練習。ぜひお試しあれ。

ヴァイオリンのボーイングの練習法について

①上げ弓で、手首が鼻に来る様に、肘が耳に来る様に意識して運弓してみて下さい。これを行うとなぜか下げ弓も綺麗にできる様になります。

②チューナーの針をみて運弓してみて下さい。針が動かない様に運弓します。

③弦の振幅を見て運弓してみてください。常に振幅が最大になるように運弓します。

④チョウチョなら、音を2分割して、8分音符で全部弓を返して練習します。どんな曲でも応用できます。

⑤2分割の④をダウンダウン・アップアップで途中で音を区切って練習します。

⑥全弓の練習をします。この時に、安定してギギギギギギギって、キューティクルを1つ1つ使う感じでゆっくり弾きます。全弓で1分くらいだと思います。スギギススギギギスススギギギみたいにならない様にしましょう。

⑦すべて、弓と弦の接点をよく見て、接点が動かないように練習します。この練習法でヴァイオリンのボーイングが出来るようになります。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン