歌うたいのヴァイオリン。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > 歌うたいのヴァイオリン

歌うたいのヴァイオリン

Female violinist and male pianistヴァイオリン練習生のボーイング練習についての投稿です。歌うように音を奏でる楽器、ヴァイオリン。まずは自分自身が伸び伸びと歌えるように練習する、という斬新な練習方法。ぜひ参考にしてみてください。

歌うように音を奏でる楽器、ヴァイオリン

ヴァイオリンの音は、人の歌声に近いと言われており、滑らかに歌えるとヴァイオリンも滑らかにエレガントに弾くことができると先生に教わりました。実際、私が教わっているヴァイオリンの先生はとっても歌がお上手で、効果的な練習法を伺うと、「歌うことだね」と仰っていました。ヴァイオリンの上達に直結する練習法なのか疑わしく思ってしまいましたが、とにかくやってみようと思い、初めて見ました。

大好きな曲を、まずは自分自身が歌う

私はこれまでピアノ、ホルン、サックスの経験があり音楽が大好きでしたが、葉加瀬太郎さんのエトピリカが大好きで、そのエトピリカを弾けるようになりたくてヴァイオリンを始めました。

それを先生にお伝えすると、「じょあまずは自分自身が伸び伸びとエトピリカを歌えるようにならないとね」と仰いました。
何度もCDで曲を聴いて、歌うという練習法を始めました。これがヴァイオリンの上達に繋がるのか最初はわかりませんでしたが、続けているうちに、抑揚のつけ方やタイミングなどがどんどん掴めてきて、ますますその曲が好きになっていったのです。
そしてようやく楽譜を見ながら歌うようにして、その後ヴァイオリンで練習を始めたのです。

効果抜群!歌うたいのヴァイオリン

耳で聞いたまま歌ってから楽譜をみて、その後ヴァイオリンで弾くという練習法は、予想以上の効果を見せました。いつもより、どんどん弾けるのです。楽しくて楽しくて、気がついたら弾けるようになっていました。
最初は疑心暗鬼でしたが、今ではこの練習法が私のベーシックになっています。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン