左指と右手の関係。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > 左指と右手の関係‐澤田先生

左指と右手の関係

Female violinist and male pianist弦楽器は、右手と左手で全く違う事を行いますよね。2つの事を同時にしようとするのは日常生活でも難しい事です。
曲を演奏している際、速いパッセージが出てくると苦手意識を持ってしまう方、音の粒がはっきりとしない方、悩みは色々尽きないと思いますが、1つずつ丁寧に順序だてて行う事で頭の整理ができて、練習もより一層楽しくなりますよ。


左指の練習

左指をおさえるタイミングと右の弓を奏くタイミングが合わないと正しい発音はできません。左指がきちんとそのあるべき音程をおさえた後に、弓がその音を奏く、これが鉄則です。

比較的おさえるのは指を上から弦の上へ落とすので簡単なのですが、おさえた後に指を弦から離す、この行動が遅くなってしまう方が多くいらっしゃいます。意識するべきは指を弦から離すときなのです。特に分離させて動かすのが難しい薬指と小指を早く弦から離す事を意識してください。練習の際ビブラートは一切不要です。

その時右手は

左指の速い動きを練習している際の右ボーイングはデタッシェでは使わないでください。弓の返しによって音を分離させても左手練習の為にはなりません。

スラーでロングトーンを用いてください。左手に意識を集中させる事、切れ目のないスラーを使う事で左指をおさえる力で音の粒が立っているかどうか確認する為です。ロングトーンも難しいなと思われるときは、弓を置いてしまってピッツィカートで一音一音はじいてみてください。時間はかかりますが、マスターするには一番の近道です。

おすすめテキスト

やはりセブシックOp1-1を使っていただきたいと思います。最初のページから順々に1日2小節程度で構いません。ゆっくりのテンポから初めて、倍のテンポと4段階に早くして下さい。音価が一緒になるように付点がついてしまっていびつな聞こえになったりしないように気を付けましょう。

そして余裕が出てきましたら弓が綺麗に均等に配分されているかも、目視しながら練習してみてください。

お教えいただいた先生:
この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります!   この先生のヴァイオリンレッスンが受けられるかも!? >> 詳しくは先生のページをチェック!
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン