ヴァイオリン練習をする上で大事な脱力ポイント

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > ヴァイオリン練習をする上で大事な脱力ポイント

ヴァイオリン練習をする上で大事な脱力ポイント

Female violinist and male pianistヴァイオリン練習生の簡単にできる脱力法についての記事です。脱力の大切さ、スポーツ選手がイメージトレーニングを参考にする、右腕の力を特に意識して抜く、等。ご参考になれば幸いです。

脱力を重視して

ヴァイオリンを演奏する上で大事なのは、脱力です。ヴァイオリンを実際に持ってみてチャレンジしてみてください。人それぞれリフレッシュの方法があるように脱力方法も違うと思うので、ぜひコツを体に覚えさせて欲しいと思います。自分に合った練習法を探してみてください。ポイントとしては、脱力だけに焦点を置いた練習法を行って方が上達しやすいです。

イメージトレーニング

次にヴァイオリンを演奏する上での大事なポイントは、イメージトレーニングです。スポーツ選手がイメージトレーニングをしますが、本当に大事なことです。この練習法がとても効果的です。イメージすると本当に脳が反応し、体に信号を送ります。ぜひ、良いイメージで脱力出来てると思ってください。

腕の力を抜くこと

ぐっと力が腕に入ってると思います。余分な力は、必要ありません。右腕に力が入ってしまいがちですが、せっかくの演奏が台無しになってしまいます。力が入るとバイオリン演奏で、もっとも多いのが、右腕に力が入ってしまうことです。右腕に力が入るとストッパーの役目してしまいます。とにかくイメージトレーニングをして、脱力感を覚えて欲しいです。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン