ヴァイオリンの難関、弓の飛ばし方。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > ヴァイオリンの難関、弓の飛ばし方について

ヴァイオリンの難関、弓の飛ばし方について

Female violinist and male pianistヴァイオリン練習生のヴァイオリンの難関、弓の飛ばし方についてに関する記事です。音楽として豊かな表現をするには、出さないといけない音色や音の大きさやメロディーの繋がりを重要視するような練習法をした方が良い、指を立ててヴァイオリンの弓を飛ばしてみる事など。

ヴァイオリンの弓の飛ばし方について

セカンドポジションや偶数ポジションを使う音をひたすら練習する練習法などを何時間も行う方が上達します。ヴァイオリンの弓を抑える順番や指の動きは、弾ければ決まりなど何もない感じがしますが、決まった弓順や指づかいでなければ弾くことが難しい箇所が出てきます。ヴァイオリンは、少し楽器繋がりだとギターと感じが似てるのかなと思います。音楽として豊かな表現をするには、出さないといけない音色や音の大きさやメロディーの繋がりを重要視するような練習法をした方が良いです。

実際に弓の飛ばし方をやってみよう

ロングスラーは、とても弾きにくいので、うまく弾くことが出来るように練習する方法が必要です。ヴァイオリンの弓の飛ばし方は、誰もが立ち止まる、ヴァイオリンあるある話だと思います。そこで、この練習法が一番おすすめです。ヴァイオリンの苦手意識の強い内容について、重点的に練習する練習法を編み出す必要があります。

ヴァイオリンを上達するには

やみくもに何曲も沢山学んで弾くよりも、目標を決めて練習した方が良いです。指を立ててヴァイオリンの弓を飛ばしてみる事です。ついつい力が入ってしまうと綺麗な音色が出なくなるので、弓を飛ばす練習法としては、とにかく指を立てて弓を飛ばす事です。1音をひたすら弾くでも問題ありません。身体に覚えさせる事が重要です。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン