ヴァイオリンの選び方

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > ヴァイオリンの選び方

ヴァイオリンの選び方

Female violinist and male pianistヴァイオリン練習生のヴァイオリンの選び方についての投稿です。プロ目線で選ぶ目利き力を身につける、初心者が選ぶ時のポイント、好きな音色で弾く、等。ぜひ参考にしてみてください。

プロ目線で選ぶ

ヴァイオリンを上手くなろうと沢山練習して独自の練習法を行ったりしていると思います。まずは、その練習法を工夫するよりもヴァイオリンそのものを選ぶ目利きを身に付けると良いと思います。

プロ目線だともちろん技術が伴ってるので、ハッキリ言ってどんなに安いヴァイオリンでも上手く弾くこと出来ます。プロの場合は、金額の高いヴァイオリンを購入するというのは、理にかなっているのです。

初心者が選ぶ時のポイント

初めて購入する場合やヴァイオリンをまだ練習して間も無い場合や自分自身の練習法にしっくりきてない方などは、ヴァイオリンを買い替えてみるのをお勧めします。

まだ練習法が定まって無いのならば、新しいヴァイオリンで心機一転するのも手だと思います。そこで初心者がヴァイオリンを選ぶ際のワンポイントです。

好きな音色で弾く

まず予算と好きな音色を考えて置きます。あまりに低予算だと買え無いのでなるべく幅をもって考えて欲しいです。柔らかい、鮮やか、渋い、綺麗、華やか、鋭いなども音色の特性です。目安としてはヴァイオリン本体が30万円~、弓が10万円~程度です。

どんな音色が自分のタイプなのかを把握しておくのは、重要です。好きな音が鳴ら無いと全く上手く聞こえませんし、ましてや練習しようと思わなくなります。

自分が気に入ってる音色を選ぶのが大事です。

必ず先生と選びましょう

初心者だと、楽器店にぼったくられることも多々。必ず、自分の先生と一緒に選びましょう。レッスンの前に自分で楽器店に行くのは愚の骨頂。バイオリン教室によっては先生が選んだバイオリンでないとレッスンを受けさせてもらえない場合もあります。

必ず、先生と一緒に選ぶようにしましょう。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン