ポジション移動の練習法について。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > ポジション移動の練習法について

ポジション移動の練習法について

Female violinist and male pianistヴァイオリン練習生のポジション移動の練習法についての記事です。ポジション移動の難しさ、上達するための練習法、体や腕や指の筋肉が正確な音の位置の把握の大切さなど。

とても難しいポジション移動について

ヴァイオリンの ポジション移動は、かなり難しいです。私も小さい頃にヴァイオリンの先生にとても怒られ、ポジション移動の練習法を何度もやらせれた苦い思い出があります。ポジション移動が上手に出来ないと音程が悪くなってしまいます。不快な音を出さない為にもポジション移動の練習法をひたすら繰り返し練習してました。

上達するための練習法

その練習法は、根性もやる気さえあれば誰にでもできるのですが、幼少期に近い私には、とても辛いレッスンでした。小さいながらにもヴァイオリンを上達したいという想いがあったので、先生にどうやったらボジション移動が上手くなるか良く聞いてました。どんな練習法があるのかと思いきや、先生は、やる気と根性ですと言い切りました。

上達の先に練習あるのみ

あなたの努力が足りないから、上手くできないのですとばっさり言われてからは、とにかく沢山練習しました。そして、ようやくポジション移動がスムーズに出来るようになる練習法を見つけました。練習法では、体や腕や指の筋肉が正確な音の位置を理解していなかったのです。正しい押さえ方を確認して、手の形で形を変えないようにスライドさせて、ゆっくりとポジション移動するのです。

この記事は、一般のヴァイオリン練習生の方からの投稿です。この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります! 東京都港区近辺でヴァイオリンレッスンを受けたい方は、こちらからどうぞ♪
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン