セカンドポジション。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > セカンドポジション‐澤田先生

セカンドポジション

Female violinist and male pianistいよいよ、難関のセカンドポジションの登場です。どのテキストでもセカンドポジションはなぜか後ろページに掲載されている事が多いです。その影響もあるのか難しいんだろうなと先入観を持ってしまう方も多いそうです、確かにセカンドポジションは左手の目安となる触れる手のひらの部分がありません。ですが、移動距離は少なく、お隣へのポジション移動なのでコツと原理さえつかめばハイポジションよりもマスターしやすいのではないかと思います。


セカンドポジションの仕組み

前回までと同様にA線を例題にしてみます。ファーストポジションでは「1がシ」「2がド」「3がレ」「4がミ」の位置で各指をおさえますね。「2のド」の位置に人差し指「1」を持ってきます。これがセカンドポジション、第2ポジションの事です。

ファーストポジションを基本に考えて、どの指の音に「1」を持ってくるかでポジションが決まります。臨時記号がついて半音上下していても同じ考え方です。

スタッカートをする際の弓の位置

セカンドポジションは、音程が取りにくいポジションと言われています。位置としてはネックの真ん中界隈で、親指と人差し指が斜め向かいになります。(親指がスクロール側、人差し指が手前)真向いになる事はありません。移動距離が少ない分、おっかなびっくりで移動させてしまうと逆効果です。外して当たり前位に思って躊躇なく移動してください。

最初はきっと音程が合いにくいと思いますが、何回も繰り返すうちに頭よりも感覚でできるようになってくると思います。自転車に初めて乗れた時のあの感覚です。

セカンドポジションの注意点

セカンドポジションは2度上(隣)に移動するだけです。ポジション移動後の目的音シャープ♯がついていて半音あがっている状態でしたらポジション移動距離が少し長くなるので問題はないのですが、もしフラット♭がついていて半音さがっていると移動距離が短くなってしまいます。そうすると親指を手首と一緒に移動させなくても、1から4の指を少しのばしてしまえばおさえる事ができてしまいます。そうすると左手の指の形が崩れてしまいます。必ず親指の移動を忘れず位置を確認する事を忘れないでください。

親指が反り返らないように気を付けてください。

お教えいただいた先生:
この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります!   この先生のヴァイオリンレッスンが受けられるかも!? >> 詳しくは先生のページをチェック!
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン