ショルダーレスト

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > ショルダーレスト

お子様と大人のショルダーレスト

Female violinist and male pianist綺麗な音を出すにはやはり良い姿勢が一番です。そこで今回はお子様と大人のショルダーレスト(肩当て)の有無についてお話したいと思います。最近では様々な種類やメーカーのショルダーレストがありますので、ご自身にあった物を選んでみてくださいね。


肩当ての有無について

皆様演奏会を鑑賞しているときに気が付いた事はありませんか?もしくはテレビでオーケストラ演奏を見る機会もありますよね。その際に演奏者によって肩当てをしている奏者、つけていない奏者を目にする事があると思います。

本来ならば肩当てを使わないほうが、ヴァイオリンの裏板と自身の体が肩当てがある状態よりも密接に接触するので振動の伝達が促進されて響きがいいと言われています。

肩当ての役目

肩当ての役目とては、一般的には首の長さが4-6センチあるので顎と鎖骨の空間を満たさないといけないので、そして骨に当たると痛い、空間を補う為に方が上がり姿勢が悪くなってしまうという観点から使用する奏者が多いと言われています。ヴァイオリンは、左肩の一部と鎖骨、そして顎で挟み、左手は軽く添えるだけで正しい姿勢を保たなければなりません。30秒程度ヴァイオリンをしっかりと顎で保持する事ができないうちは、肩当ては必須アイテムになると思います。

お子様の肩当てと大人の肩当て

お子様の肩当ては分数ヴァイオリンによってサイズの調節できる「KUN」もしくは昔ながらのゴムで固定する「ショルダーレスト」が主流ですが、まだ肩幅も狭く成長段階なのでスポンジを用いる事もあります。保護者様がお子様が痛がらない最適な肩当てを見つけてあげてください。大人の方は高さを調節できる肩当てばかりですので、素材や見た目にこだわって選ぶのも自分らしさが出て素敵だと思いますよ。

お教えいただいた先生:
この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります!   この先生のヴァイオリンレッスンが受けられるかも!? >> 詳しくは先生のページをチェック!
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン