分数ヴァイオリン。

ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > ヴァイオリン練習法 > お子様のヴァイオリンの選び方‐澤田先生

お子様のヴァイオリンの選び方

Female violinist and male pianist成長著しいお子様のヴァイオリンのサイズを選ぶ事は難しいですよね。すぐにサイズアップしてしまったり、ヴァイオリン本体はOKだけど弓が長すぎる等、なかなかジャストサイズの楽器が無かったり。でも基本はヴァイオリン本体のサイズで選んであげてくださいね。ご自身で納得して選んだヴァイオリンには愛着がわいて練習にも良い効果があると思いますよ。


分数ヴァイオリンのサイズ展開

分数サイズのヴァイオリンは、1/16から3/4までの6段階があります。サイズとしては1/16、1/10、1/8、1/4、1/2、3/4もしくは7/8です。7/8はあまり聞きなれないかもしれませんが、手の小さなお子様や女性の方が4/4では大きいなと感じる時に使用する方もいらっしゃいます。

私自身の考えですがヴァイオリン本体と弓を別サイズにしてしまう事はおすすめしません。本来のサイズの組み合わせでないとバランスも崩れ姿勢も崩れてしまいます。多少弓が長いなと思われてもヴァイオリン本体で合わせてください。

年齢よりも身長に合わせてセレクト

年齢も1つの目安になりますが、やはり個人差がありますので身長を基準に選んで頂く事をおすすめします。

1/16は105㎝以下、10/1は105‐110㎝、1/8は110‐115㎝、
1/4は115‐125㎝、1/2は125‐130㎝、3/4は130‐145㎝、7/8は150㎝前後。

7/8サイズに関しては取り扱っている楽器店も少ないと思います。なのでよほど無理のない限りフルサイズの楽器をおすすめします。あくまでも目安なので、実際にヴァイオリンを構えて選ぶ事をおすすめします。

選ぶ際のポイント

ヴァイオリンの先端のうずを巻いたような部分をスクロールと言います。ヴァイオリンを構えてスクロールを無理なく握る事ができる、こちらがお子様の体に合ったサイズになります。注意してほしい点ですがスクロールを握る際に、腕が伸びきってもいけませんし、肘が急角度になってもいけません。伸びきらない程度でほどよく肘が曲がり左の背中が張った状態にならない。この状態が疲れなく無理のない姿勢で演奏できるヴァイオリンです。

ヴァイオリンはパートナーです。納得いくサイズを選んであげてください。

お教えいただいた先生:
この記事が役に立ったなと思ったら、ぜひ「いいね」やブックマークお願いします、励みになります!   この先生のヴァイオリンレッスンが受けられるかも!? >> 詳しくは先生のページをチェック!
 
ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン