ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。
港区音楽教室Top > 港区バイオリン教室 > バイオリン講師のご紹介 > ヴァイオリン講師-児玉先生の音楽体験記

ヴァイオリン講師 児玉先生に、ご自身の音楽体験を回想して語っていただきました。

いつから音楽に触れてどのような音楽体験したか

2歳からリトミックを始め、3歳から音楽教室に通ってソルフェージュなどを始めました。バイオリンのレッスンを受け始めたのは5歳ごろです。レッスンや家での練習はとても厳しく辛かったですが、バイオリンが大好きでしたのでめげずに続けました。そう

してバイオリニストを目指しながら日々練習してきましたが、高校生のころジョン・ケージというアメリカの現代作曲家に出会い、大きな衝撃を受けました。有名な「4分33秒」という作品を始め、彼の様々な作品は、それまで私がなんら疑問をもたず接してきた音楽そのものに対する概念を覆しました。

音楽空間の創造

音楽大学に入ってからは、それまで築いてきたクラシックに対する観念を捨ててバイオリンに向かい、いろいろな種類の音楽に触れながら、音楽学という学問も学び、見識を増やしていきました。大学院では、複数の人数で音楽と音楽的空間を創造することを学ぶため、指揮も勉強しました。

その後フランスへ渡り、本場ヨーロッパで伝統的なクラシック演奏をしっかりと身につけながら、その枠に収まらずコンテンポラリーや古楽も勉強しました。現在は国内外でいろいろな演奏活動に取り組みながら、音楽講師として後進の指導にあたっています。

伝統、基礎を大切にすることが新しい音楽の発展につながる

温故知新といいますが、新しいものを築き発展させていくのに、伝統や歴史を重んじることはとても大切です。基礎がなければ、上には何も建ちません。音楽においてもそれは同じです。

基礎や伝統をとても大事にしながら、たくさんの人がより豊かな音楽生活を送れることを目指して、演奏家として、音楽講師として、日々邁進しています。


 
この先生のヴァイオリンレッスンが受けられるかも!?
>> 詳しくは先生のページをチェック!

ピアノヴァイオリンレッスン

お問い合わせ・体験のお申し込みはお電話でもどうぞ!
03-6809-4957
(電話受付12-22時ですが、時間外もでもかけてみて下さい。出られない場合、必ず折り返します)

港区のピアノ教室
©ミナトミュージックサロン
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン