ピアノ教室、バイオリン等も。港区芝浦。田町/三田駅すぐ,大人/子供向け。

ピアノの知識

大きいほどいいピアノなの?

大きいほどいいピアノなの?

フルコン、という言葉をご存知でしょうか。

フルコンサートグランドピアノ、つまりコンサートホールで使われることを前提として開発されたピアノでスタインウェイのD-274などは非常に有名です。物理的にピアノはおおざっぱにいってしまうと、弦が長いほどいい音が出ます。※D-274販売価格は2,000万円程度。

だからといって、「あらじゃあ我が家にはD-274置こうかしら」という羨ましいあなた、ちょっと待ってください!

フルコンサートグランドとは、コンサート用に作られたピアノです。ということは当然ながら

「音が大きい!」

それはそうです、1,000人規模のホールでも音が届くようなピアノ。これを自宅に持ち込むとどうなるか。はっきり言うと、うるさいです。まず近くで聞いている人がものすごくうるさい、そして近所迷惑きわまりない。庭の壁までピアノから100メートル程度ないと近所から苦情が出る可能性、大。

だからといって、防音工事をするとフルコンサートグランドだと1,000万円程度かかります。そしてそもそも防音室でフルコンを弾く意味は、あるのか? さらにフルコンはたいてい輸入ピアノなので温度湿度管理もものすごく大変。もちろん場所も取ります。

かといって、ヤマハでいうA1というサイズのピアノもちょっと小さすぎて、寂しい。もちろんコンパクトな場所に置く為につくられたのでそういうものといえばそういうもなのですが。ということで音大生に人気なのがヤマハでいうC3。

長さが約180センチ程度で、少なくとも日本では練習できる環境と、音のクオリティを考えるとこのサイズ、かなり大きいお家で5サイズ、つまり200センチより少し大きめ位を購入されるのが無難です。

ただし、購入されること自体、あまりおすすめ出来ません。理由はこちらからどうぞ。

Updated: 2015年8月28日 — 9:09 AM

日本でヤマハとカワイが有名な理由

日本でヤマハとカワイが有名な理由

世界三大ピアノといえば、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインですが有名どころといえば日本ではヤマハとカワイ。

三大ピアノは知らなくても、ヤマハとカワイをご存知の方は多いのではないでしょうか。

ヤマハはいわずと知れた巨大企業、三大ピアノに入っていないのにベーゼンドルファーを買収し、実質的に実は世界ナンバーワンかもしれません。対してカワイは、スタインウェイの家庭用練習ピアノ、ボストンを制作しています。つまりヤマハがベーゼンドルファー寄り、カワイがスタインウェイ寄りといってもいいかもしれません。

ヤマハとカワイが日本で圧倒的なシェアを占めている理由として、まず当然といえば当然ですが日本の企業であること。そして、高音多湿の日本の環境に耐えうるピアノ作りを行っているからだと考えています。

例えばスタインウェイは確かに素晴らしいピアノです。しかし輸入ピアノは基本的に「湿度、温度が変化しない」という条件で開発、制作されています。ピアノは気候の変化に非常に弱く、その保存状態が悪ければ悪いほど劣化は進みます。

あるピアニストは「スタインウェイの部屋は年中エアコンをかけっぱなし」とおっしゃっておられました。高級ワインと同じくらいのレベルでの管理が求められる、それが輸入ピアノなのです。

ヤマハ、カワイは国産だからもちろんそれらを十分に考慮して開発しているのでちょっとやそっとでは劣化しません。スタインウェイが5年もたつとボロボロになってしまうことがあってもヤマハは50年近くたってもまだまだ元気なピアノであったりします。

もしあなたがピアノの購入をご検討されてらっしゃるのであれば、年中クーラーをつけっぱなしにしないのであれば国産ピアノを強く、おすすめしたいです。

Updated: 2015年8月22日 — 9:41 AM

世界三大ピアノとは

世界三大ピアノを皆様ご存知でしょうか?
音大出身でも意外に知らない!?ピアノのブランド。

このページでは、世界三大ピアノといわれるピアノをご紹介いたします。

1.スタインウェイ

正式名称はスタインウェイアンドサンズという名前で、高級ピアノの代名詞とも呼ばれています。輝くような高音は多くのピアニストから絶大な支持を得ており、スタンダード中のスタンダードといえます。

2.ベーゼンドルファー

スタインウェイと並び有名なピアノで、人気を二分しています。重厚な音の響きはスタインウェイにないもので、スタインウェイの反対路線を極めたような感じの音です。

3.ベヒシュタイン

このピアノはグランドピアノよりもアップライトピアノが有名で、アップライトで特に有名なブランドです。音はスタインウェイとベーゼンドルファーを合わせたような中庸な音でアップライトとは思えない響きです。価格はアップライトで200万円〜程度。

スタインウェイとベーゼンドルファーは1,000万円からで、最も大きいピアノだと2,000万円以上します。

発表会やコンサートホールでは、たいていの場合いずれかのピアノであることが多いので気をつけてピアノをみていると楽しいかもしれません。

Updated: 2014年8月15日 — 10:23 AM
©東京都港区のピアノ教室、バイオリン教室、フルート教室、チェロ教室、サックス教室、クラリネット教室 ミナトミュージックサロン